2020-08-12

一連の新型コロナウィルス騒動は「全てがデタラメだらけ」

世間(=マスコミ)では新型コロナの第2波だなんだと、騒ぎ立てていますが、そもそも、このコロナウィルスなるものがどういった経緯で世間に出てきたのか?その根拠は何なのか?までは、私たち素人には情報も開示されないし、当然政府、マスコミは流しません。

では一体、「新型コロナウィルスなるもの」を「どんな根拠」で特定、あるいは、「存在している」と「認められた」のか?
事実経緯を抑えてみましょう。

 
1.新型コロナウイルスは、「科学的検証(ウィルス分離、感染実験)無しに感染症として認められた」

* * * * *

以下、そもそも、新型コロナウイルスは、本当に存在すると言えるのか? より引用

動画には、この方の経歴がついていますが、徳島大学名誉教授 大橋眞(免疫生物学)という人のようです。
大橋教授のYouTubeチャンネルはこちらです。

私の専門は感染症。この話は科学の観点から検証する必要がある。
基本的には論文が根拠であって、テレビ等で話される方の論文に基づかない話というのは個人的な考えでしか無い。これが多く見受けられる。もちろん捏造もありうるが、論文を根拠に置かねばならない。

論文のベースとは自然観察であり、それをまとめたものである。しかし、人為的な工作があると、価値がない、捏造である。
新型コロナが科学に基づくかは、論文をたどり、その論文の価値を検証する。この二つが必要。

現在のマスクや三密を避ける等などという話は、西浦理論から来ているが、その元となるものは、PCR診断による感染者推移である。ただし、三密についてはドイツ論文だが、これもPCRを根拠にしている。

PCR検査のもととなったものは、中国論文である。また、抗体検査なども、その論拠を中国論文に置くしか無い。これはNature誌の2019-nCov-2というものである。
これをもとにして感染研のPCRの診断が行われているはず。感染研自身も一度遺伝子をとったと言い、米国の遺伝子バンクに登録したが、なぜか取り下げられている。遺伝子情報の取り下げは私の知る限り聞いたことが無い。他にも感染研の論文には不審な点がある。
ともあれ、我々の直面している課題や、PCR検査、抗体検査はすべて中国の一つの論文から来ていると考えざるを得ない。この論文は本当に大丈夫なのか?
通常の論文であれば、実験や遺伝子配列を決定し、解析をし、論文の準備をする。通常であれば、半年ではできない。通常は一年程度。

しかし、彼らは、2019/12/26に入院した患者からサンプルをとったと言う。この論文が提出されたのが2020/1/6である。わずか10日間しかない。まずこれは奇妙である。
その理由としては、感染症で最も重要な点は、「病原体は何か」、病原体を同定することである。これはコッホの4原則である。さらに現在は、それを改変したリバース基準が作られている。
その手順としては、まずウイルスを増殖させ、増殖したものを分離する。それが病原体確認の第一ステップである。第二ステップとしては、分離したウイルスを使い、感染実験を行う。たしかにこのウイルスに病原性のあることを確認しないと、全く異なるウイルスである可能性があるからである。

したがって、必ず感染実験が必要。これを抜きに「ウイルスを分離した」とは言えない。
しかし、中国論文でさえ、これは認めている。「これに病原性がある」とは言っていない。「病原である可能性がある」としか言っていない。可能性なら何とでも言える。
したがって、ウイルス分離と感染実験を誰もやっていないことが、今現在の世界の現実である。

ちなみに、感染研の論文ではウイルスを分離したような雰囲気を作っているが、良く読んでみると、そうともとれず、非常に曖昧な表現である。おそらくNHKに出てくるコロナウイルスの電子顕微鏡写真はここから出ているものと想像される。
これは米国医師、アンドリュー・カウフマンが言ってることだが、エクソソームと、この「コロナウイルス」が外見も同じで、大きさも同じであると。NHKの写真はコロナウイルスではない可能性が非常に高い。

※ちなみにカウフマンによる解説は、アンドリュー・カウフマン:コロナウイルスは存在しない にあります。

ともあれ、中国論文がこれほど怪しいということは、全体が科学に基づいていないということである。マスク・自粛なども含めてすべてがそうである。科学的な根拠はない。少なくとも現時点ではそんなものは無い。

* * * * *

要するに、
・現在の「マスクをつける」「三密を避ける」といった対策の根拠は「PCR診断による感染者推移」に依拠している。
・PCR検査、抗体検査はある一つの「中国論文」が根拠になっている。
・その中国論文では感染症を特定する際に行われる「病原体の特定」⇒その為の「感染実験」と「ウィルス分離」を行っていない。
・現にその中国論文では「病原体がある」とは言っておらず、「病原である可能性がある」とまでしか言っていない。

ということで、いわゆる【科学的検証無しに新型コロナウィルスは病原体であると特定され、それを元に「マスクをしろ」「三密をさけろ」と言っている】というのが事実経緯のようです。かなりあいまいな根拠を元にここまで全世界を巻き込んだ大騒動を引き起こしているということですね。

 

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "一連の新型コロナウィルス騒動は「全てがデタラメだらけ」"

List    投稿者 tutinori-g | 2020-08-12 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題, H01.マスコミ支配の危険性No Comments » 
2020-08-06

細胞の状態は自分の意志で完全に変化させられる

免疫とは体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことです。

免疫の仕組みは実に精巧にできており、いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。人間の身体の中では毎日、がん細胞などの異物(身体に害をもたらす細胞)ができます。

では多くの人はなぜ、発病しないのでしょうか?

それはさまざまな免疫細胞が連動し、ガンを死滅させるために働いているからです。もし、免疫というシステムが体から無くなったとしたら、私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまうのです。

 免疫システムは15歳までに出来上がります。20歳を超えると、免疫力は落ちていきます。また、免疫細胞の約6割は腸にいると言われます。 腸内の免疫細胞を活性化できる食べ物をとっているかどうかが、免疫力を大きく左右します。

では他に何が免疫力を高めるのでしょうか?

『「細胞の状態は自分の意志で完全に変化させられる」ことを突き止めた米国CIAの研究。そして、不安とストレスは細胞の免疫力を徹底的に弱くする事実から思う「真の感染症予防」』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "細胞の状態は自分の意志で完全に変化させられる"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-08-06 | Posted in M02.心と免疫機能の関係No Comments » 
2020-07-31

太陽と人間の真の関係

太陽は人類にとってどのような存在なのでしょうか?

地球と人類にとって、太陽は最大のエネルギー源で、このエネルギーで生命は繁栄してきました。 太陽は毎日、決まって姿を現し、毎日、同じように輝き、毎年、同じ季節のめぐりをもたらす「変わらない存在」として認識されてきました。

しかし、いま、太陽は「変わる存在」として認識され始め、地球や人類、社会のインフラに様々な影響を及ぼしていることが分かってきています。

『世界やアメリカの暴力を見ていて思い出す「太陽と人間の真の関係」』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "太陽と人間の真の関係"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-07-31 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2020-07-22

破壊される人類に共生する細菌

ヒトの 体は約 60 兆個の細胞から構成されていますが、一方、我々の腸管、口腔、体表などには 100〜1000兆個 もの共生微生物が生息し、我々に利益を与えてくれている。数の上では共生微生物の数がヒトの細胞数を圧倒しているのです。

人間をヒトと共生微生物から構成されている超生物と見なせば、この超生物、即ち、 人間の体は 9 割が細菌ということになります。

そんな細菌ですが解明されているのは断片的で、そのほとんどが解明されていません。どのような細菌がどのように共生し合って我々に影響を及ぼしているのでしょうか。

『病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?』より引用します。


childrenshealthdefense.org

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "破壊される人類に共生する細菌"

2020-07-16

世界全体が迎えるかもしれない黙示録的飢餓までの道筋!?

緊急事態宣言が発令されて、様々な価値観が変わってきています。いったん終息を迎えましたが、現在、東京、大阪を中心に新型コロナ感染者が増加傾向になっています。

巷では、withコロナ、afterコロナなどを言われていますが、本質はコロナを契機としてコロナに限らず人々の価値観が変わってきている(新たな潮流が生まれている)ことにあるはずです。

歴史的にも大きな危機に直面し、人々の価値観は大きく変わってきています。
現在、表面化しているだけでも新型コロナ、イナゴの大量発生三峡ダム問題などありますが、本質的には環境問題、化学物質、原発など人類の存続に直結する大きな問題に直面しています。

我々、人類はどこに向かっているのでしょうか。

1930年代の世界恐慌の中で「4人の子ども売ります」と書かれた看板

The Great Depression and its Legacy

『世界全体が迎えるかもしれない「大躍進政策」的な黙示録的飢餓までの道筋』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "世界全体が迎えるかもしれない黙示録的飢餓までの道筋!?"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-07-16 | Posted in A.史的構造認識から紐解く環境No Comments » 
2020-07-10

自分の頭でモノを考えられない~・鵜呑みにしていては滅びる・~

生物には、順応回路があり、これは「決められたことに従う」と言う規範回路だが、その大半「いい生活を手に入れる⇒そのために私権(地位や財産)を獲得すること」「選択肢が広がる」などの騙し観念で構成されている。そして、強制圧力と順応回路は、本能課題などを封鎖していく。内発エンジン[本能]を封鎖したので、エネルギーが出ず、どんどん活力が低下し約五分の一にまで低下していく。

それだけではなく強制圧力、順応回路は自分にどんどん収束していく。[自我]だから最終的には、外圧捨象にまで行き〔外圧捨象しすぎて自分の本能回路を封鎖していく。〕自分には「どうでもいい」などと捨象していく。更に、五分の一だったのに、約十分の一にまで低下していく。

加えて、強制されたことや決められたことに従って生きるだけでは、自分の頭でモノを考えることが出来ず、追求力が全く形成されていない。外圧に適応すべく作られた本能を封鎖している以上、危機に瀕しても自分で考えることが出来ず、まったく対応できない。それではこの先生きていけない。

新型コロナについてもマスコミ、学者の言うことを鵜呑みにし、誰しもがそのような影響を受けているのではないだろうか?

『コロナ後、日本人を襲う「仕事・働き方の大激変」』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自分の頭でモノを考えられない~・鵜呑みにしていては滅びる・~"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-07-10 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2020-07-02

火山活動、地震などの地球活動には宇宙線が関与!?

太陽は地球の唯一の外部エネルギー源であり、地球環境の変動をもたらす自然要因として太陽活動の影響が考えられます。
しかし、そのメカニズムは殆どと言っていいほど解明されていません。

また、直接的影響だけでなく、宇宙線等に対する太陽活動の間接的影響についても未知数なのです。

一般的には、太陽活動が弱くなると、太陽からの磁気の力が弱まります。太陽からの磁場や磁気は、地球に到達する様々な宇宙からの放射線や宇宙線から防御していくれている働きがあります。

つまり、太陽活動が弱くなるということは、その防御も弱くなるということで、宇宙線や放射線の到達量が増加するのです。そして、今後もさらに太陽活動は弱くなっていきますので、地球に到達する宇宙線量はさらに増加していくと見られます。

『ヨーロッパ、アメリカ…。発生源はそれぞれ不明ながら、世界中で急上昇し続ける放射能レベル』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "火山活動、地震などの地球活動には宇宙線が関与!?"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-07-02 | Posted in C01.宇 宙No Comments » 
2020-06-25

イナゴに続いて史上最悪の大洪水、中国「三峡ダム」決壊の危機

「新型コロナの次はイナゴ」で紹介したイナゴが中国に迫っています。
以下のマップは、パキスタン特別中期気象予報センターにあるイナゴ警報のリアルタイムマップです。赤いドットの地点が深刻なイナゴの発生が起きている場所で、国別としては、オレンジと黄色の国が、警報レベルとなっています。中国と隣接したパキスタンでは被害が拡大しています。
2020年2月22日のイナゴの発生状況

Desert Locust Situation

更に、中国はそのイナゴの脅威に加えて大洪水が発生し、世界最大のダムが決壊の危機に面しているようです。

In Deep『中国南部で続く史上最悪の大洪水の中、数億人に影響を与える可能性のある「三峡ダムの決壊」は起きてしまうのか?』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "イナゴに続いて史上最悪の大洪水、中国「三峡ダム」決壊の危機"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-06-25 | Posted in D.地球のメカニズム, G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2020-06-18

5G電磁波で世界はどう変わる?

今回のパンデミックでの「ロックダウン生活」において、途中から気づき始めたのは、多くの人々にとって、「テレワーク」だとか「強いスマートフォン依存」などのキーワードが以前よりも大きくなってきているかもしれないということでした。

テレワークにしてもオンラインでの娯楽のようなものにしても、スマートフォンでのコミュニケーションにしても、「今よりさらに快適なほうがいい」と思う人たちが増えているような気はしまして、すなわち、

「 5G待望論」
がさらに強まっていくのだと思われます。
本当にそれでよいのでしょうか?

武漢でのコロナ大流行当時から、ごく一部で囁かれていた「コロナ5G説」ですが、デイビッド・アイク氏の動画によって認識がかなり広がりました。
その影響があまりにも強かったため、YouTubeやFacebook上からはデイビッド・アイクのページやアカウントは「危険な思想を広げる」と、まるで「1984」の思想警察のような言い訳を根拠に、ことごとく削除されていました。

世界に裏側ニュース『ロンドンの5G電磁波は規定値以上』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "5G電磁波で世界はどう変わる?"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-06-18 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2020-06-11

新型コロナの次はイナゴ~・7000万人以上が食糧に影響か!?・~

世界に新型コロナが席巻する以前に問題視していたのがイナゴの大量発生でした。
現在、そのイナゴが大量に発生し、アフリカでなどの炭水化物を徹底的に食い尽くしています。

いま大発生しているのは、サバクトビバッタです。サバクトビバッタは、通常は単体で活動する「孤独相」ですが、1日に90マイル(約145km)移動できる大群、すなわち「群生相」に変わる20種のバッタのうちの1種です。

孤独相のバッタが「群生相」に変異し、群れをなして移動するようになるきっかけは雨です。サバクトビバッタは湿った砂地にのみ産卵します。乾いた砂地では卵が暑さにやられてしまうからです。大雨のあと、バッタは狂ったように繁殖し、砂地は卵だらけとなり、その数はわずか1平方メートルに1,000個ともいわれています。

卵からかえった幼虫は、生え始めたばかりの草に溢れ、食べ物が豊富にある環境で育ちます。バッタは草を食べ尽くすと、さらに食べ尽くすための植物を求めて、群れをなして移動します。

その際、サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化します。筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わります。体色の変化は、群生相になったバッタが孤独相だったときには避けていた、有毒の植物を食べるようになったことと関係があるらしく、食べ物のせいで有毒の昆虫になっていることを、鮮やかな色合いによって捕食者に警告しているのだそうです。

孤独相のときにこんな色だったら、捕食者に見つけられてしまうのでしょうが、数十億匹も群れをなすようになれば、もはや目立たないようにしている必要はありません。

アフリカでは今後6月後半から7月前半にかけて収穫期が始まりますが、この収穫期とまったく同じ時期に次の世代のバッタの大群が発生するといわれており、ネルギー源となる食糧、すなわちアフリカ中の自給自足で暮らす農民の生存を左右する穀物を食べ尽くしてしまう可能性が高くなっています。

『国連が「聖書にあるような災害」という表現を使うほどのイナゴの大群。その数は以前の「8000倍」に。地球の7000万人以上が食糧への影響を受けるとの警告も』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナの次はイナゴ~・7000万人以上が食糧に影響か!?・~"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-06-11 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題, H02.都市化による環境問題No Comments » 
1 / 14612345...102030...最後 »