2021-05-09

新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊する

最近、フロリダ州の学校で、コロナワクチンを打った教師は採用しないと校長が宣言していました。
理由は、ファイザー社の社内文書にもコロナワクチンを接種した人が接種していない人(特に女性)にコロナを移したり身体に悪い影響を与えることが記されていたことが判明したからです。
また、今度は医師自身がコロナワクチンを打った患者を診ないと宣言しています。

世界でもコロナワクチンによる被害は深刻化しているようです。
さて、今回はコロナワクチンと免疫機能の話です。

従来のワクチンは弱毒化・不活化した病原体等(概ねタンパク質)を主成分としており、体内で自己の免疫機能が作動し抗体をつくるのに対して、mRNAワクチンでは、病原体ウィルス様のタンパク質をコードした人工mRNAの遺伝子を直接接種し、体内でこのmRNAを自己の細胞内機能で病原体様タンパク質(=抗原)を生成、そのタンパク質を感知した自己の免疫機能が抗体をつくる。つまり、細胞内で抗原と抗体の両方をつくりだすことになります。

ここで?と思った方もいるとは思いますが、前者は外部の抗原に対して自ら抗体を生成するという一般的な免疫機能であるのに対して、後者は抗原も抗体も体内で生成するという奇妙な構造になっています。自らで生成した抗原を抗原と認知できる=不適応体排除の機構が働くのでしょうか?


死者に敬礼するネパール軍兵士。アジア各地で高感染性株が急激に増加中。bloomberg.com

『「新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊して人を死に導く」:元ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人類の存続のためにワクチン使用停止を訴え続ける』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊する"

2021-05-01

ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来

前に『コロナワクチンは大量破壊兵器ではないか!?』でも書きましたが、新型コロナワクチンの目的が大量破壊兵器(人口削減⇒地球環境の改善)にあるという視点、これが現実味を帯びてきています。

現在、コロナワクチンについては1年以内の開発(臨床実験の少なさ)や副反応などなど、様々な問題が指摘されています。mRNAワクチンのコロナワクチンは、ワクチンそのものを使って人間に接種する従来のワクチンとは異なり、体内に遺伝子を入れワクチンの機能を持ったタンパク質(抗原)を作るようにします。

これは「人間の遺伝子組み換え」=人体実験であるというより人類殺戮ではないでしょうか。

それでもあなたは、ワクチン接種を行いますか?


映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。

『21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来"

2021-04-25

mRNAコロナワクチンは安全か?(続)

前回の『mRNAコロナワクチンは安全か?』の続編です。

「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な内容になっていましたが、それは「論文そのもの」を見ることができなかったためです。

その内容は、SNS で話題となっていた上に、ファクトチェックで「この情報は間違い」と断定されているのを見まして、「ああ本当かもしれないのだなあ」と思ったのですけれど、オリジナルを見ていないので、それ以上の言及はできていませんでした。

また、新型コロナウイルスワクチン接種による副反応については前回の投稿以降も報道が続いています。

日本の厚生労働省は23日、接種後の死亡例が新たに4人報告されたと発表した。18日までに接種した121万人余りのうち、計10人が死亡した。接種との因果関係は、「評価できない」とされている。NHK等が報じています。 今回は、論文入手後の続きになります。

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究』より引用します。

A Dystopian Future

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "mRNAコロナワクチンは安全か?(続)"

2021-04-23

デタラメだらけのコロナ4 ~国立感染症研究所「コロナはあります」は完全崩壊と学者の思考停止~

デタラメだらけのコロナ ~コロナは無いと認めた各国機関~

で各国機関が「コロナの存在証明はできない」ということを認め始めたにも拘わらず、相変わらず、いまだに日本の国立感染症研究所は「コロナは存在する」とHPで堂々と表記しています。

 

ところが、その根拠を詰めていくと、実はその根拠は削除されており、そのことは詳細を調べないと出てきません。

 

こういったに不信感・疑問を持った市民が直接、国立感染症研究所とやりとりし、次々と根拠の出どころを探っていくのですが、結局全てその根拠の中に新型コロナウィルスの存在証明をできるものはありませんでした。この「エビデンスを詰める」というのは彼ら学者たちの土俵ですよね。それすらも全くなっていない。はっきり言ってどうしようも無いですね。

 

自ら疑問を持ち、追求していく市民が増えてきていることは、とても良い傾向ですが、このような感染省研究所のスタンスはどの次元にあるのでしょうか?

 

彼ら自ら思考停止して、言われたままの対応をしている次元もあれば、奥にある勢力からの指示の通りに動いている次元もありますが、どちらにせよ、自ら追求せず、言われたこと、通説の通りに動くマニュアル人間、思考停止人間であることには間違いありません。

 

こんなどうしようも無い人間が、(お題目ですが)国の安全を守るという機関に居て、堂々と過ごしているという異常な世の中が、ここでも垣間見えます。

 

以下、国立感染症研究所「コロナはあります」完全崩壊へ より引用

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "デタラメだらけのコロナ4 ~国立感染症研究所「コロナはあります」は完全崩壊と学者の思考停止~"

2021-04-19

mRNAコロナワクチンは安全か?

4月12日から一般向けのコロナワクチン接種がスタートしました。

コロナ対策は新たなステージに進んだが、気になるのは副反応だ。厚労省が4月5日に発表した『新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』という報告書によると、医療従事者への接種が始まった2月17日から4月7日までの間で、接種後20日以内に6人が亡くなったという。ワクチン接種をするのは人種も性別も年齢も千差万別。果たしてリスクの違いはあるのだろうか。

まず海外の事例と比較して指摘できるのは、日本における副反応の発生頻度の高さだ。前出の厚労省の資料によると、ワクチン接種100万回あたりのアナフィラキシー報告数は、アメリカ4.7件、イギリス17.7件だったのに対して、日本は72件だった。英米両国は日本よりコロナの感染者数がケタ違いに多いことで知られているが、副反応のリスクに限れば、約4~15倍も日本の方が高くなっている。

海外に比べて副反応のリスクが高くなっている言っていますが、副反応の高さだけが問題なのでしょうか?
そもそもコロナワクチンはどのような影響を及ぼすのでしょうか?

Pixabay

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "mRNAコロナワクチンは安全か?"

2021-04-15

デタラメだらけのコロナ3 ~コロナの死亡の本当の原因は5Gと細菌→マスクをすることは「意味が無い」ばかりでなく「危険」~

face-mask-landscape2021

 

コロナで死亡した人の部検をWHOは許可していませんが、ロシアはその法律を無視して部検を行ったところ、

>5G光線にさらされた細菌であり、免疫力が非常に低い人を傷つける。この放射線は人々に血栓症を引き起こし、静脈の血栓、したがって脳、心臓、肺が酸素化できなくなる。
>これにより、炎症や低酸素症を引き起こし呼吸困難に陥るということが解った。原因がそうであるため、人工呼吸器をつけても対処療法でしかなく死に至る場合が多い。

ということがわかったそうです。

だから、人孔呼吸器で死に至らしめるし、さらに【マスク着用は「意味が無い」のでは無く、酸欠を助長する為、「危険」なのです】。

だとすると、「マスクをしない」と白い目で差別する政府やマスコミ始め、マスコミに洗脳され思考停止した人たちが、殺人を犯しているということになります。
全く異常な世の中であり、「思考停止」が世の中をおかしくしている元凶だと言えるのではないでしょうか。

 

 

■コロナによる死亡と言われるものの本当の原因は5Gと細菌、抗生物質で簡単に治る

リンク)より引用

Covid-19で死亡した人々の剖検を、世界保健機関(WHO)は許可しないという法律を作っている。これ自体が、Covid-19には、知られてはならない秘密=詐欺があるという証だが、ロシアはその法律を無視して剖検を行った。さすが、事実を追求する国だ。

その結果、Covid-19による死因は、5G光線にさらされた細菌であり、免疫力が非常に低い人を傷つける。この放射線は人々に血栓症を引き起こし、静脈の血栓、したがって脳、心臓、肺が酸素化できなくなる。

これにより、炎症や低酸素症を引き起こし呼吸困難に陥るということが解った。原因がそうであるため、人工呼吸器をつけても対処療法でしかなく死に至る場合が多い。

そうであるがゆえに、治療方法も簡単で5Gを遠ざけ、抗生物質などで細菌を殺せば治る。アスピリンは効果絶大のようだ。それより、酸欠を助長するマスク着用は最大の問題だ。だから、DSは宗教のようにマスクを奨励しているのではないか?

これは以前調べた、『コロナウィルスと5Gとワクチン 1』にも符合する。こんな簡単な検査でわかる内容であるにもかかわらず、専門家の医師のほとんどが定説に疑問を持たずに詐欺説を吹聴しているという異常な世界だということが解る。

以下『今、「生きている」その日に感じた心を綴ろう!』より引用
////////////////////////////////////////////////////////////////
出典:ロシア保健省。

ロシアは死後、Covid-19患者を解剖し、素晴らしい発見がなされました。
ロシアは世界で最初にCovid-19の死体を解剖した国であり、徹底的な調査の結果、Covid-19はウイルスとして存在しないことが判明しました。

それはグローバルな詐欺です。人々は「拡張電磁放射(毒)」で死にます。
ロシアの医師は、Covid-19で死亡した人々の剖検を許可しない世界保健機関(WHO)の法律に違反しています。

科学的発見の期間の後、それがウイルスであると仮定することはできませんが、むしろ死を引き起こし、静脈と神経に血栓の形成をもたらす細菌であり、これらの細菌のために患者は死にます。
ロシアはウイルスを打ち負かし、「血管の凝固(血栓症)以外に何もなく、治療法は無傷である」と述べました。

抗生物質錠、抗炎症および抗凝固剤(アスピリン)の服用。
それは病気を治すことができることを意味します、世界へのこのセンセーショナルなメッセージはCovid-19ウイルスの剖検(死骸)を通してロシアの医者によって準備されました。他のロシアの科学者によると、人工呼吸器と集中治療室(UCI)は使用されていませんでした。このためのプロトコルはすでにロシアで公開されています。

中国はすでにこれを知っていましたが、その報告書を発表したことはありません。

この情報を家族、隣人、友人、同僚と共有して、Covid-19の恐怖から抜け出し、それがウイルスではなく、単に5G光線にさらされた細菌であることを理解できるようにします。

原因は、免疫力が非常に低い人を傷つけることです。この放射線はまた、炎症や低酸素症を引き起こします。犠牲者は、エプリン-100mgとアプロニコットまたはパラセタモール650mgを服用する必要があります。

Covid-19は血栓を引き起こすことが示されているため、人々に血栓症を引き起こし、静脈の血栓、したがって脳、心臓、肺が酸素化できない理由があります。これにより、人々は呼吸が困難になり、人々は酸素不足ですぐに死にます。呼吸エネルギーの欠如。

ロシアの医師はWHOの議定書に耳を傾けず、Covid-19で死亡した死体を解剖しました。

医師は腕、脚、その他の体の部分を開き、適切に検査した後、血管や静脈が血餅で満たされていることに気づきました。これは通常、血流を妨げ、体内の酸素の流れを減らし、患者を死に至らしめます。
この研究のニュースの後、ロシア保健省はCovid-19治療プロトコルを変更し、陽性患者にアスピリン-100 mgを投与し、エンプロマックの投与を開始しました。

その結果、患者さんは回復し始め、健康状態も改善し始めました。
ロシアの保健省は、1日で14,000人以上の患者を退院させて帰国させました。

 

上記のように、コロナなるものの死因は「酸欠」であり、酸欠を助長するマスクは、(あるかどうかも怪しいが)コロナの殺傷能力を高めることになる。それ以外にもマスクによる危険性は様々ある。

 
■マスクの危険性

リンクより引用

1.マスクは細菌培養装置

マスクをかけ続けると、そこで繁殖した細菌で細菌性肺炎を起こし死に至る。DS側でマスクの着用とワクチン接種の奨励を行っているアンソニー・フォーチは、

>2008年に、スペイン風邪に関する論文を共同執筆している。それには、スペイン風邪の犠牲者のほとんどがスペイン風邪で死亡したのではなく、マスクを着用することによって引き起こされた細菌性肺炎で死亡していると発表している(リンク)。

 

2.マスクは有害化学物質吸引装置

マスク経由で有害化学物質が吸引される。

ドイツの著名な科学者が、特定の種類のマスクを長期間着用すると、潜在的に危険な化学物質や有害なマイクロプラスチックが人間の肺の奥深くに吸入される可能性があることを発見した。

その中でも支配的なのが、

>・パーフルオロカーボン(PFC)というカテゴリーの物質が発ガンに結びつく可能性
>・マイクロファイバーを吸い込み続けている問題(肺損傷につながる可能性)
リンク

 

3.マスクは酸素取り込み阻害装置

マスクの着用で酸欠状態になり、免疫期機能が低下する。これは、数多く発表されている。

(※上記内容の通り)

 

4.マスクは共認機能の破壊装置

マスクで表情を読み取れなくなる。これは共認動物である人間にとって、表情を読み取ることは、言葉以上に大切な、相手とわかりあい充足を得る方法。これが減少すると当然、活力も低下する。とりわけ乳幼児期の母親との関係では、マスクで表情が読み取れないという問題は致命的になる。

このような状況ゆえ、マスコミを駆使したマスク強制は、マスコミの所有者であるDSの大衆支配策の一環でしかない。

 

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "デタラメだらけのコロナ3 ~コロナの死亡の本当の原因は5Gと細菌→マスクをすることは「意味が無い」ばかりでなく「危険」~"

List    投稿者 tutinori-g | 2021-04-15 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題, H01.マスコミ支配の危険性No Comments » 
2021-04-13

コロナワクチンは大量破壊兵器ではないか!?

大阪府は4月13日、新たに1099人の新型コロナウイルス感染を確認したと速報で発表。過去最多だった10日の918人を上回り、新規感染者数が初めて1000人を超えました。

マスコミはワクチンの必要性を訴え、日に日にその要求は強まっています。そんな中、福井県坂井市の斉藤新緑県議会議員(64)が、新型コロナウイルス感染症ワクチンは「殺人兵器」などと主張する自身の広報紙(2月22日付の活動報告「ほっとらいん」)を支援者らに配布していたことが分かりました。

広報誌では

ワクチンなど必要ありません。今回のワクチンは人類初の遺伝子組み換えワクチンで、「殺人兵器」ともいわれています。

さらに、斉藤氏はこの文書で、コロナ騒動は「ディープ・ステート」という「闇の勢力」が計画したものであり、マスコミが恐怖心を煽り、世界中の人々にワクチンを強制接種させて人口削減を進めるつもりだなどと主張しています。

当初は単なる陰謀論として見られていましたが、事実はどうなっているのでしょうか?


Economic Times

「コロナワクチンは大量破壊兵器であり、人類を一掃する可能性がある」:英国の著名医学者の提言を「意味のわからない各国の対策」の中で聞く』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "コロナワクチンは大量破壊兵器ではないか!?"

2021-04-08

デタラメだらけのコロナ2 ~コロナ騒動が計画的パンデミックであった証拠~

コロナ騒動は全てがデタラメで、そのことに各国機関が隠し切れなくなってきました。

 

デタラメだらけのコロナ ~コロナは無いと認めた各国機関~

 

ではなぜ、こんなデタラメ、茶番を続けるのか?

人口削減?などその目的は様々ネットで推測されていますが、一旦その目的は置いておいて、まず事実として、【今回のコロナ騒動が以前から計画されていた】という証拠をまとめた記事を紹介します。

  

以下、究極の証拠:Covid-19は新世界秩序の到来を告げる計画 より、一部引用・抜粋します。

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "デタラメだらけのコロナ2 ~コロナ騒動が計画的パンデミックであった証拠~"

2021-04-06

新型コロナウイルスワクチンはどんな影響があるのか?

3月10日、テキサス州では「マスク着用義務」(mask mandate)が解除されました。

しかし、これは、大統領令に違反する。バイデン大統領は1月20日の大統領就任と同時に、アメリカ国民すべてに対してマスク着用を義務づける大統領令を出している。にもかかわらず、なぜ、テキサス州はマスク着用義務を解除したのか?

じつは、マスク着用義務に従わなかったのは、テキサス州だけではありません。今日まで、全米で16もの州がマスク着用の義務を解除している。
2月8日にはアイオワ州、2月12日にはモンタナ州、2月22日にはノースダコタ州がマスク着用義務を解除した。これに続いたのが、アラスカ州、フロリダ州、オクラホマ州、ミシシッピ州などだったのです。


3月22日 インドネシアのスマランで撮影された雲。 Agus Prasetyo Boyolali

『祈りの風景の中で見た「今後の世界は、新型コロナウイルスの環状RNAによるガンの嵐に見舞われる」という悪夢。ワクチンからの影響は…?』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナウイルスワクチンはどんな影響があるのか?"

2021-04-01

デタラメだらけのコロナ ~コロナは無いと認めた各国機関~

デタラメだらけのコロナ騒動と、マスコミに騙され続け思考停止し続ける大衆⇒思考停止状態から抜け出さなければ、大転換の時代に生き抜いていくことはできない。

で明らかにしたように、「コロナは最初からデタラメだらけ」です。

そろそろ、各国機関もそのことが隠し切れなくなり、次々と「コロナの存在を証明できないこと」を認め始めました。

マスコミの情報に流されっぱなしの人たちも「コロナの存在証明が無い」というエビデンスを見れば、そろそろ気が付くと思います。以下に、「コロナは無いと認めた各国機関の公開情報」をまとめた記事を紹介します。

 

コロナはないと認めた各国機関①

 

アメリカ疾病予防管理センター(CDC) 2020/7/13

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)

誰もCOVID-19ウイルスの分離された標本を持っていません。

誰もCOVID-19ウイルスを分離していません。

したがって、それが存在することを誰も証明していません。

 

 

カナダ保健省 2020/7/19

カナダ保険省

徹底的な調査を完了しましたが、残念ながら

ご要望に応じた(コロナウイルス分離の)記録は見つかりませんでした。

 

 

イギリス保健省 2020/8/24

イギリス保険省

イギリス保健省DHSCは(パンデミックの原因とされる)

SARS-CoV-2の分離に関する情報を保持していません。

 

 

日本厚生労働省 2020/12/21

日本厚生労働省

 

 

 

アイルランド保健当局 2020/11

アイルランド保健当局

関係する記録が存在しないか、

その所在を確認するためのすべての手順を踏みましたが

見つけることができません

 

 

ファイザー 2021/01/15

ファイザー

ワクチン内の遺伝子組み換えmRNAデータは実物のコロナウイルスではなく、

仮定と推定によって作ったものだそうです。

 

 

中国CDC 2021/01

中国CDC

肺炎の原因とされた武漢の海鮮市場の生物からウイルスは分離されていませんでした。

市場ではコウモリも売られていないことがわかっています。

 

 

日本文部科学省 2021/02/05

 

日本文部科学省

 

 

コロナはないと認めた各国機関②

 

こちらは世界中の関係機関にコロナの存在証明の開示請求をしているサイトです。

 

前回記事のカナダ、アメリカ、イギリスの追加情報に加え、他にコロナの存在証明を出せなかったのは以下の国々です↓

 

オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、デンマーク、スペイン、欧州CDC、スロベニア (ドイツ無回答)

 

要点のみ順に掲載しますので、詳細は上のサイトをごらんになってください。

(作成者はカナダの方です)

 

【カナダ】

2021年2月21日までに、カナダの以下の機関が「SARS-COV-2」の分離記録はないと回答しました。

変異株についてもないようです。

 

カナダ公衆衛生庁、カナダ健康省、カナダ国立研究評議会、ワクチンおよび感染症組織-国際ワクチンセンター、カナダ研究所カナダ健康研究所、自然科学工学研究評議会

 

オンタリオ州保健省、国立サンテ公立デュケベック研究所、ブリティッシュコロンビア州保健サービス局、バンクーバー沿岸保健局(変異株)

 

ニューファウンドランドラブラドール保健局コミュニティサービス、マギル大学、トロント市、ピール地域(オンタリオ州)

 

KFL&A公衆衛生所(キングストン、フロンテナック、

レノックス、アディントン、オンタリオ州)(あらゆる変異株について)

 

トロント大学、サニーブルック健康科学センター、

マクマスター大学とマウントシナイ病​​院(トロント)

 

 

 アメリカ

CDC(疾病予防管理センター)2021/03/01

「SARS-COV-2」を分離したという記録が地球上のどこにもないことを再び明らかにしました。

 

オランダ

保健福祉スポーツ省 2020/12

「SARS-CoV-2」を示す実際の純粋化、および対照実験の記録が存在しないことを要求者に提供/引用しました。

ニュージーランド

保健省、王立環境科学研究所、オタゴ大学

「SARS-COV-2」分離の記録がないことを認めました。

 

環境科学研究所 202103/09

「SARS-COV-2」の分離/純粋化の記録が地球上のどこにもないことを認めています。

 

首相兼内閣局

SARS-COV-2の分離を説明する記録はないと認めています。

 

 

オーストラリア

連邦科学産業研究機構– CSIRO(国立科学研究機関)2020/10

SARS-COV-2の分離を説明する記録はないと認めています。

 

イギリス

英国保健省 2020/11/23までに「SARS-COV-2」分離の記録はないという回答が4つ出ています。

 

英国公衆衛生サービス 202010/01

「SARS-COV-2」の再分離の記録はありません。

「SARS-COV-2ウイルス」が「COVID-19」の症状を引き起こすという主張を裏付ける記録はありません。

 

健康安全局 2020/11/03

「SARS-COV-2」の分離に関する情報を保持していない。

 

(イングランド、スコットランド、ウェールズの各公衆衛生局にもなし)

 

 

デンマーク

スタテンズ血清研究所 2020/10

COVID19の原因を説明する文書を所有していません。

 

スペイン

スペイン保健省 2021/02

「SARS-COV-2」分離を説明する研究の記録はありませんでした。

 

欧州CDC

欧州疾病予防管理センター 2020/11

SARS-COV-2の証拠がないことを認めています。

 

スロベニア

リュブリャナ大学 2020/11/30

「SARS-COV-2」の分離の記録がないこと、また「COVID-19」への因果関係を証明していないことを正式に認めました。

また、スロベニアではCt値40のPCRサイクルが使用されています。

 

ドイツ

連邦保健省 2020/8/9

情報開示請求を提出しましたがその後回答はありません。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

SARS-COV-2とは、武漢で最初に倒れた患者のものとされるウイルス。

「SARS-COV-2を分離する」とは、それと同じウイルスを発見するということです。

しかし実は武漢の患者からウイルスの実物は分離されていません。

データだけの架空のウイルスなので、探してもないのは当然のことなのです。

 

それでも探せばどこかにきっとあると信じたいですが、アメリカとニュージーランド当局がすでに地球上のどこにも記録はない と言い切っています。

(引用ここまで)

 

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "デタラメだらけのコロナ ~コロナは無いと認めた各国機関~"

List    投稿者 tutinori-g | 2021-04-01 | Posted in H01.マスコミ支配の危険性No Comments » 
1 / 15112345...102030...最後 »