2017-12-01

真実か詐欺か? 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”

放射性廃棄物2017.12.01細菌2017.12.01黄金2017.12.01なんと、ロシアの科学者が、核廃棄物を黄金に変える“元素変換”が可能と発表しました。

近代科学にどっぷり浸かっている私たちからみれば、錬金術のごときペテン話に聞こえてきます。

しかしながら、今やロシアの軍事最先端技術はミサイルや戦闘機や戦艦の電子装置を不能化する単極子ビーム(注:単極子とは、N極orS極だけの単極磁石)をもって、アメリカの軍事力を凌駕しています。(※参照:リンク

この原因は、19世紀初頭にニコラ・テスラによって開発されたフリーエネルギーや多くの研究者による常温核融合の研究を握り潰し封印してきたからです。その結果、西側の科学は停止してしまい、エントロピー増大説や光速不変説や果てはビックバン説etc誤りだらけの物理世界に迷い込んでしまっています。

挙句に、石油枯渇説をはじめタバコ発ガン説、CO2温暖化説など、(御用)学者とマスコミを動員して世界中に嘘・ペテンを広めてきました。

それに対してロシアは、あくまでも現象事実に立脚して事実の追求を重ね、迷走する西側の物理世界を遠く引き離して、既に単極子を核とする宇宙の統一理論を樹立しています。

今回の報告は、そのロシアの科学者が、元素の“生化学”的変換の原理でおこなっていることは注目に値します。生命の体内では常温核融合は起こっており(※参照:リンク)、今回の元素転換も硫黄細菌の生命原理でみると、信憑性が高いのではないでしょうか。

これが事実なら、福島原発の核廃棄物処理に大きな可能性が開かれます。

そればかりではなく、これまで高価とされていた“金”が、生命を破壊に導く核廃棄物によって簡単に製造が可能となり、エネルギー、通貨のパラダイム転換までおこる可能性を秘めています。

以下、リンクより引用

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "真実か詐欺か? 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”"

List    投稿者 asaoka-g | 2017-12-01 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2017-08-16

地球内部に重力は働いていない?地球内部が固体や液体では無く気体であるという可能性

従来のプレート地震説に替わって、本当の地震理論の解明の為に、いくつか論考はあるが、根本的に地震のメカニズムを解明するには、地球の内部構造を明らかにする必要がある。

現在は地球の中心に重い核(内核・外核)があり、その周りにマントル、外殻という構造になっているというのが一般的な知見だろう。プレート論が間違っていることはもはや周知の事実だが、このような地球の内部構造を前提にすることで、本当の地震のメカニズムの解明にたどり着く発想や切り口は生まれてこない。

現在の地球内構造の前提となっているのは、18世紀末のキャベンディッシュが行った実験が根拠となっているらしい。ところが、この実験が間違っているということ明らかになってきている。宇宙や世界を司る力として、従来は「重力、電磁気力、弱い力、強い力」で構成されているとされるが、このキャベンディッシュの実験が間違いだとすると、このうち【重力】という力そのものがほとんど無意味なものとなってくる

以前、「重力もダークマターも実在しない。幻想である」物理学者が宇宙の定義を完全に覆す理論を提唱!でも書いたとおり、【重力という存在そのものが間違っている】可能性が高い。

「空間、時間、重力についての常識はすぐに再考されなければなりません。物理学者はもうずっと、アインシュタインの重力理論が量子力学と折り合いが悪いことに気付いています。私の新理論は、そういった物理学の袋小路に劇的な変化をもたらすものです。我々は科学革命前夜にいるのです」(ヴァーリンデ教授)

物理学の標準モデルでは、世界は4つの基礎的な要素(重力、電磁気力、弱い力、強い力)で構成されているとされるが、何年もの間このモデルでは説明できない現象がなおざりにされてきた。たとえば、最良の理論である一般相対性理論をもってしても重力そのものやダークマターを完全に説明することができないのだ。

 

だとすると、どうやら地球の内部は固体や液体なのでは無く、【気体】であることが浮かび上がってくるのだ。

良く地球空洞説はトンデモ扱いされるが、どうやらそうでもないらしい。

以下、

質量は重力を生まない。キャベンディッシュの実験はまちがい

地球内部には巨大な空洞がある

より引用・抜粋する。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "地球内部に重力は働いていない?地球内部が固体や液体では無く気体であるという可能性"

2017-08-15

地球内部に水は存在するのか?

awaumi-thumb

地球は水の惑星であるとよく言われます。水が存在するからこそ地球に生命が誕生し、緑豊かな環境を生み出しています。
一方、地球の形成、進化の過程でも水は重要な役割を果たしてきていることが明らかにされてきています。
このように水は地球のかけがえのない成分ですが、地球内部にも存在するのでしょうか。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "地球内部に水は存在するのか?"

List    投稿者 tutinori-g | 2017-08-15 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 
2017-08-13

数学的思考を身につける2~分数と割合

比や割の原点に等分という考え方がある。その思考は、エジプト、シュメール、ギリシャといった古代文いずれにも姿を見せていたことが明らかになった。今回は、この等分に起因する分数や割という思考がその後、どのように発展していったのかをみていく。

前回に続いて三重大学上垣渉氏による「分数の起源に関する私的考察」http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/4864/1/AN002341990470002.PDF からである。

古代ギリシアにおけるエジプト式分数は実用的な計算術(ロギステイケー)において用いら
れたものであり、その概念は基本的に≪等分割≫ を基礎におく流儀のものであった。これに対して、数論(アリスメーティケー)におけるギリシア式分数はまったく異質の概念であった。では、その後、分数はどのように発展していったのだろうか?ギリシアの分数のその後をみてみよう。

ユークリッド『原論』第Ⅶ巻には23個の定義が置かれているが、その最初の2個が上の問いに答えているのである。

定義1.単位とは存在するもののおのおのがそれによって一とよばれるものである。
定義2.数とは単位から成る多である。

つまり古代ギリシアにおいては、「数」とは、一と呼ばれる≪単位≫の集合体(多者)なのであるが、その≪単位≫ は分割不可能とされていたのである。単位すなわち一が分割不可能な
らば、一より小なる分数は存在しないと考えざるをえない。著名なギリシア数学史家A.サボーは次のように述べている。「もちろん、実生活ではどんな単位も分割できるし、ギリシアの商人や技師たちも果てしない遥かな昔から分数による計算は当然していたのだが、ただこの古い学問(数論)だけがそうしなかったのである。ギリシアの数論においては、1より小さい数としての分数は存在しないのである。しかし、ギリシアの数論学者は《数の比≫という概念を分数に相当するものとして使用したのである。これが今日「割合分数」と呼ばれているものである。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "数学的思考を身につける2~分数と割合"

List    投稿者 tutinori-g | 2017-08-13 | Posted in B01.科学はどこで道を誤ったのか?No Comments » 
2017-08-12

近代医学理論は、どれもこれもペテンだった

近代医学2017.08.10近代医学のおかしさは誰もが薄々感じている。しかし病気になり精神的に弱くなったとき、医者からの言葉に逆らうのは余程の確信が無いとできない。

しかし今や、近代医学の暴走に対し素人の追求が高まり、それをつなぐネットが広まったことで、近代医学の本質が炙り出され、人びとの確信になってきている。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "近代医学理論は、どれもこれもペテンだった"

List    投稿者 asaoka-g | 2017-08-12 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2017-04-06

嫌煙権運動の真の黒幕はだれか?

このブログに訪れる方は、テレビ・新聞などマスコミから出てくる情報、学校で教え込まれてきた知識・認識への不信があると思います。本ブログは、これまで常識としていたことについてもタブーを設けず思考を解放し、事実を追求して今後の可能性を皆で創り上げていくことを目指しています。
昨今のタバコ問題についても同様で、タバコが諸悪の根源、万病の素のごとくの魔女狩り的な嫌煙権運動に踊らされ、好き嫌いの価値判断に流され終始するだけでは、事実を見極め追求すべき対象の本質が隠されます。

昨今の行き過ぎた嫌煙風潮に目を隠されることなく、タブー・固定観念に縛られなければ、 排気ガス、添加物・農薬、薬品、放射線など「人工物質」がタバコ問題の背後にあり、その人工物質市場の背後にはカーギル、モンサント、ロスチャイルド、ロックフェラーなど国際金融資本が存在することは明白ではないだろうか。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "嫌煙権運動の真の黒幕はだれか?"

List    投稿者 asaoka-g | 2017-04-06 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2017-03-15

プラスチックが海を終焉へと導く日 ~植物由来のプラスチック「リグノフェノール」の再考の日が近い~

「プラスチックが海を汚している」というのは今までも頻繁に取り立たされていますが、既に海の生物達が”好んでプラスチックを食している”という事態にまで来ているのだそうです。

これは何を意味するのかというと、もはや、プラスチックが生物の食物連鎖の中に組み込まれてしまっている。つまり、海洋生物の本能的な自己防衛機能が果たせなくなってしまっているのではないかという警鐘を意味しています。

既に海の終焉へのエピローグ段階なのかもしれません。

以下、「マイクロファイバーがプランクトンを殺しながら食物循環に入る様子」が初めて撮影される。そして、魚、微生物、クジラ、海鳥などあらゆる海の生物たちがプラスチック大好きな状況から想像する「海の終焉の日」/In deep より引用・抜粋

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "プラスチックが海を終焉へと導く日 ~植物由来のプラスチック「リグノフェノール」の再考の日が近い~"

2017-02-07

「重力もダークマターも実在しない。幻想である」物理学者が宇宙の定義を完全に覆す理論を提唱!

GalaxyGridFinal昨年末、科学界に激震が走りました。
これまで、ビッグバン宇宙論はいくつもの観測結果や実証で、現実とは整合していないことはいくつかこのブログでも取り扱ってきました。

宇宙は膨張していない!?~科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁~

しかし今回は、ビッグバン宇宙論に変わる新たな理論が観測データと一致した!というニュースが飛び込んできたのです。その理論とは2010年にアムステルダム大学の理論物理学者のエリック・ヴェーリンデ教授が提唱した「エントロピック重力理論」という理論です。

エントロピック重力理論とは一体何なのか?

これにより、既存の宇宙論は瓦解し、新たな宇宙論が根本から変わっていくのではないでしょうか?今後の宇宙論の再構築に期待大です。

詳細を論じたブログ(コチラ)から引用・転載します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "「重力もダークマターも実在しない。幻想である」物理学者が宇宙の定義を完全に覆す理論を提唱!"

List    投稿者 tutinori-g | 2017-02-07 | Posted in B01.科学はどこで道を誤ったのか?, C01.宇 宙No Comments » 
2017-01-04

地球はミニ氷河期に突入している

年末からお正月にかけて暖かく過ごしやすかったですね。
これも地球温暖化の影響によるものかもしれません。

しかし、これからはそうも言っていられない状況になるかもしれません。近い将来には、温暖化の問題とは全く逆のミニ氷河期なるものが来る事が懸念されています。

2015年7月初旬、イギリスのウェールズで英国王立天文学総会が開かれました。
研究する学会員のほとんどが今後15年以内に地球はミニ氷河期といえる時代に入るという予測を立てました。

天文学の知識に長けた人ばかりが集まるという英国王立天文学総会。
そんな人たちがミニ氷河期が到来する確立は97%だというのだからその時代が本当にやってきてもおかしくはありません。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "地球はミニ氷河期に突入している"

List    投稿者 tutinori-g | 2017-01-04 | Posted in D.地球のメカニズム, D02.気候No Comments » 
2017-01-02

現実に役立つ数学的思考力を身につける1~分数の起源

shierogurahuあけましておめでとうございます。新春にあわせて少し新しい試みを始めてみたいと思います。題して「現実に役立つ数学的思考力を身につける」シリーズ。

実は、12月の実現塾で「試験脳を超えた数学的思考」のひとつとして「割るって何?比って何?」が扱われました。そこでは初期人類の思考に同化しながら「比の根源」にアプローチし、その思考を通じて、数学は「現実をイメージし、現実イメージと抽象化を自由にいったりきたりしながら、考える位相を複数発見し、その中から最適な思考法を決定する能力(相転力)を身につけるための思考トレーニング」であること。そして、そのような「相転力」は、実社会で企画や提案において非常に必要とされる力であることが明らかにされました。

例えば、「割る」「掛ける」と「比」をバラバラに暗記していても「分数で割る」ことのイメージを描くことはできません。しかし原始人に同化して考えると「比」「割る」「掛ける」の原点に「等分」というイメージがあり、「比」も「割る」も原点は同じであることをイメージできればこどもたちの数学的思考力は一気に開花するのではないかと考えられます。具体的には手元に残された食料は、あと何日持つのか。あとx日持たせるためには1人分の食料は1人あたり、何分の1になるのか。仲間が、大人n人と半人前の子供m人なら、どうなるのか。・・・といった分配をめぐる量的把握の必要は、洞窟時代からでも必要であったと思われ、そこでは、等分という思考をベースに、割るも掛けると割合もすべてが一体的に考察されていただろうと考えられます。この根源的な数学的思考に目覚めれば、数学嫌いを突破することはもちろん、社会に出て生き抜くだけの思考力を手に入れられるといってもいいでしょう。

以上が、実現塾でのひとつの結論ですが、以下に、「数学的な史実」と重ね合わせて考えてみます。以下、引用は三重大学上垣渉氏による「分数の起源に関する私的考察」http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/4864/1/AN002341990470002.PDF から。

 

※写真はエジプトで使われていた数字のヒエログラフ。写真はこちらからお借りしました。http://poyoland.jugem.jp/?eid=763こちらのブログ記事もオススメです!

 

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "現実に役立つ数学的思考力を身につける1~分数の起源"

List    投稿者 tutinori-g | 2017-01-02 | Posted in C.素人が創る科学の世界No Comments » 
1 / 13412345...102030...最後 »